2005年08月19日

とっくん2(実践的ドラックアンドドロップ)

 とっくん1は、(実践的ダブルクリック)ですね。怒られそう。ごめんなさい。
では、とっくん2です。パソコンの画面構成を学ぶ上で非常に有効なとっくんです。
 パソコンは、デスクトップ上にファイル(ワードとか一太郎とか、インターネットエクスプローラー等々)を開いてページを表示してます。ページを最大化(右上の×の隣の□ボタンです。)している場合は、ページが重なって表示され下段のツールバー表示されます。縮小表示すると、一度にいくつものページが平行して表示でき、作業効率もあがります。
 では、とっくん2です。下のバーナーをクリックして、5つのページを同時に表示してみましょう。大きさを変えたり、場所を移動する場合に使うマウス技術が、ドラックアンドドロップです。
 ドラックアンドドロップとは・・・マウスの左クリックを押したままマウスを移動することで、画面の場所を変えたり、大きさを変更したり、文字の範囲を指定したりできます。ボタンを放したところで、作業が終わりです。UFOキャッチャーの動きに似てるんです。
 できるかな?
















さぁ、とっくんです。
posted by はっしん吉 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(1) | とっくんしよう。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ドロップ
Excerpt: ドロップドロップ(drop)は、菓子のひとつ。本稿で詳述。ドロップは、コンピュータマウスの操作の一つで、対象のデータをドラッグして目的の場所まで移動させた後にマウスボタンを離すこと。----ドロップ(..
Weblog: お菓子博士
Tracked: 2005-08-24 11:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。