2006年05月28日

稼いでさらに技術も向上

 インターネットをつかって、世界中のパソコン住人に良い情報と品を提供できるようになりたいものです。
 今までは、その受け手だったのが、これからは送り手になるわけです。ネットをみて欲しいモノ、知りたいことを集める中で、他人にも還元していく、関わり合って新しいものが生まれるきっかけにもなりうるのです。ついでに、稼ぐことも可能です。
 インターネットの話題でよく聞くアフェリエイトです。誰もが試して、半ば本気で取り組んでいる人もいますが、成功しているのは本当に小数の人たちのようです。「宝くじを買わなければ当たらない。」のと同じで「やってみないことには成果はない」でしょう。とりあえず登録だけしてみて下さい。もちろんノルマの、料金もかからない場所をお教えします。あとは、思考錯誤です。

1:電脳卸で稼ぐ

2:登録サイト30万突破のA8.net

A8で稼ぐ

3:自分のサイトでお小遣い。リンクシェアーで稼ぐ
【関連する記事】
posted by はっしん吉 at 11:13| Comment(11) | TrackBack(0) | いよいよ自立のとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログをつくろう。

 いろいろな練習に付き合ってくださりありがとう。
さて、いよいよ自立です。自分のブログをつくってみましょう。たくさんの会社がありますが、私が作成しているいくつかをお教えします。

1:ライブドアでブログをつくる。
2:FC2でブログをつくる。
3:Seesaaでブログをつくる。

この3つで挑戦してみて下さい。
質問、問い合わせは随時お待ちしてます。試行錯誤して失敗しながら前向きにやっていくのが自立の道です。ちなみに無料で作れるので安心して下さい。
posted by はっしん吉 at 11:05| Comment(15) | TrackBack(0) | いよいよ自立のとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

よかったら、ブログつくります!

 まだまだ、勉強が足りない私でよければ、格安でブログをつくります。
会社や仲間同士で利用したい方など、コメントにご連絡下さい。
 週末でスケジュールが合えば、個別とっくんもいいですね。その人のニーズに合わせて一緒に高まっていければ嬉しいです。
posted by はっしん吉 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに読んでね。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

とっくん7(懸賞サイトに応募編)

 自動車保険はうまく見積もり、メルマガ登録もできたでしょうか?
ネットでやれることってまだまだたくさんあるのです。タダでいろいろな品を手に入れるチャンスもネットであるのですね。それが、・・・・・。


「懸賞サイト」です!!!登録して、金塊を手に入れろ!!!!
特別サービスで、2つも教えちゃいます。家族にも内緒ですよ♪









posted by はっしん吉 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | とっくんしよう。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

とっくんページにジャンプしたい人!

クリックして今すぐとっくんページへ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
とっくん1
とっくん2
とっくん3
とっくん4
とっくん5

とっくん6
posted by はっしん吉 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | とっくんしよう。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

とっくんその6(メールマガジン購読)

 自動車保険を見直すことで、自分への投資額が増えますね。
おこづかいを増やした成功者もたくさんいます。さて、安く旅行に行くのにインターネットは有効な手段になりましたね。日程ギリギリまで決まらない時ほど、得をする旅行会社のメルマガを自分のメールアドレスに送ってもらいましょう。
 メールマガジンの利点は、有益な情報が寝て待っていても自分の懐に入ってくるところです。旅行以外にもリクエストがあれば、コメント下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓

<メールマガジンの申し込み>





posted by はっしん吉 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | とっくんしよう。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

とっくん5(ネット手続き無料体験)

 こんにちは。文字入力まできましたね。ネットを使う基礎的な力を高めるには4までのとっくんを繰り返せば十分です。さて、いよいよ本格的にネット社会を体験してみましょう。まずは、お得なこといっぱいのこの手続きです。
          ↓
      「自動車保険の見積もり」
 インターネットで見積もり、手続き、更新ができれば早い、安い、かっこいいです。しかも、10社以上の保険金額が比較できたりするんです。無料で見積もりは取れます。いい時期に当たれば商品券がもらえたりします。自宅に見積もりがたくさん送ってもらえれば、入力大成功です。自分の車がない人でも、お友達や家族の見積もりをとってあげればとっくんできますよ。

 とっくんして 成果をあげて またとっくん

では、いってらっしゃい








1社専用



一気に比較

posted by はっしん吉 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | とっくんしよう。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

とっくん4 (実践的文字入力)

 以下の文を5分でどこまで写せるでしょうか。コメント欄に打ち込んでちょうだい。
文字入力の力を測定します。コピーや貼り付けはやめましょう!

 「日本の花火を代表するのが、菊。そして、この菊こそ、世界で最も華麗で精巧な花火なのではないでしょうか。上空高く花火が開くと、星(光や色彩、煙を出す球形の火薬)が尾を引きながら四方に飛び散り、菊花の紋を描きます。菊は、一つの円(球)ではなく、芯物といって、二重・三重・四重の同心円を描きます。三重を八重芯物、四重を三重芯物といいますが、これらの芯入花火は二重・三重に星を並べて作るので、配色や星の大小などを考えて丁寧に配列することが必要です。同じ八重芯でも個人差があり、また、同じ人が作っても、全く同じものにはなりません。名人といわれた故・青木多門氏は「一年に二百以上作る尺(十号)玉で、自分が満足できるものは三つか四つだ」と言われました。
 光の帯がゆっくりと夜空から流れ落ちる雄大さ。最近の花火大会の有終の美を飾ることが多いのがこの冠菊。昔は禿菊と書いたといいます。江戸時代、遊女に仕えた女の子の髪型に似ていたことからなのですが、最近ではさらに華やかになり、王冠に見立てて冠菊と記すことが多くなりました。すぐに消えずに、花弁が垂れ下がってゆくそのさまは大柳とも呼ばれ、江戸時代は暗い色を愛でたようですが、最近ではキラキラと残る錦や銀色に輝くものなど、その色はだんだんと明るくなってきています。夜空をおおう冠菊は、大きな玉になればなるほど圧倒的な迫力を持ち、観衆をわかせます。暗い夜空をバックに、中央の丸い芯菊と垂れ下がってゆく光跡の明暗の妙こそ、花火の醍醐味なのではないでしょうか。
 色とりどりの美しい小花が一斉に開き、夜空に花園が浮かび上がる‥‥。日本の花火界に千輪が登場したのは、大正時代中期のことでした。ドーンと響いて夜空に無数の小花が咲き乱れる千輪の美しさは、たちまち観衆の心を魅了しました。当初は単色のみでしたが、今では多彩になり、彩色千輪や二度咲き千輪も見られるようになりました。千輪は、一つの玉の中にたくさんの小玉を入れて作るため、容積の小さい三号玉以下では作れず、通常は尺玉で二寸大(径6〜7センチ)の小玉が32個、20号玉になるとその小玉の数は約80個にものぼります。千輪物においても、次々と新しい試みがなされ、夜空に無数の蝶が舞う様子や、かわいらしいリボンが飛び交うといった作品も見られるようになりました。
 夜空を金色に染める椰子は、その大胆な美しさに定評があります。椰子は昭和50年頃、故・青木多門氏によって開発された、比較的、新しい花火です。椰子には、チタン合金というものが使われています。チタン合金は人工衛星、ロケットの胴体などに用いられている金属なのですが、これで作られた抜き星を八方に飛ばすと、太く長い花弁を作り、残像を長い間残します。この特徴を活かし、南国の風にそよぐ椰子の葉の様子が表現されているのです。当初は「金椰子」のみでしたが、「銀椰子」「色椰子」と工夫が重ねられ、バリバリと音を出しながら開く「バリ椰子」というにぎやかなものまで登場し、今ではスターマインの構成にも欠かせない花火となっています。
 まん丸い花火に見なれて来ると違ったものが見たくなる、調和美だけでは満足できなくなり、何か変化が欲しくなって来る‥‥そんな声に応えて登場したのが、この型物でした。型物は球形には開かず、魚、蝶、ハート形などの絵柄、または文字などを夜空に描き出します。ただ、型物には致命的な欠点があります。基本的に平面で見せる具象的な形を描くため、鑑賞する位置、角度によっては花火師が意図する形に見えず、見る人の想像力にまかせることになってしまうということです。しかし、それでも型物人気は衰えることを知らず、当地大曲をはじめ、全国各地の花火大会でさまざまな型物が見られます。なかでも、蝶が夜空を舞う姿は型物花火の定番であり、多くの花火ファンをわかせています。
今や花火大会の主役は連発となりました。何十、何百、何千といった花火玉を短時間のうちにテンポ良く連続して打ち上げます。果てしない夜空をスクリーンにくりひろげられるその光景は、実に圧巻。観衆に息つく暇を与えないほどに、次から次へと光の花が咲き乱れます。花火は光と色と音、そして「間」の芸術といわれていますが、それらが一体となったのがこのスターマインです。与えられた時間の中で緩急自在・起承転結の妙を持たせ、いかにダイナミックに「魅せる」か‥‥その出来栄えは、花火師の力量にかかっているといっても決して過言ではありません。その難しさが、今でも多くの花火師たちの創作意欲を刺激し続け、更に素晴らしいスターマインが生まれています。
 夕刻から行われる昼花火は全国でも貴重であり、今日、競技会としては大曲でしか見られなくなりました。昼の花火では音ばかりではなく、七色の煙と光が楽しめます。また、パラシュートに吊る花火も、明るい昼だからこそ、というものもあり、昼花火の楽しみ方は多種多様。夜と違って、昼の空の色は様々であり、天気の状況によってもその効果は大きく変わります。晴天の青空では白い煙も冴えますが、どんよりとした曇り空では見えません。反対に、黒い煙菊や黄菊はくっきりと浮かび上がります。また、煙はすぐには消えず、空を漂います。風の向き・強さによって、大空のキャンバスには、花火師の意図しない絵が描かれます。そこに、夜の花火とは違った趣があるのです。」

引用:「大曲花火 花火図鑑 URL:http://www.ldt.co.jp/hanabi/hanabi4.html
posted by はっしん吉 at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | とっくんしよう。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

とっくん3(実践的コピー&ペーストとプチ文字入力)

 こんにちは。
仕事してるので、また後で書きます。
 久方ぶりになりました。これから子どもの詩を載せます。コメント欄をクリックして、以下の文を貼り付けて、最後に一言付け加えて見て下さい。いいですか?

<題名 おとうさんのずるやすみ>

がっこうからかえったら
おとうさんがひるねをしていた
「かいしゃ、やすんだ」
といった
「ずるい」
とわたしはいった
でも
               

この詩を切り取り、コメントに貼り付けて最後の一文をオリジナルで考えてみましょう。
posted by はっしん吉 at 16:17| Comment(1) | TrackBack(0) | とっくんしよう。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

ようこそはっしんきっちんへ

 ブログを通して、インターネットの利用を安全にかつ、より具体的に練習してもらえたらと考えこのページをつくりました。段階的に練習を積んでいくことで、いろいろなページに慣れて、パソコンを通して便利な暮らし、新しい生き方をすることができるようになると自負しています。
 単純な練習から、より実践的な場面に展開していきます。基礎練習は、ばかばかしいと思うのは、スポーツでも学習でも同じです。でも、その土台が後で生きてくるのですね!
 ふつつかものですがおつき合い下さい。          はっしん吉


 そうそうついでに、登場するサイトは、本物ですから買い物したり、旅の予約したりいつでもできちゃいます。
posted by はっしん吉 at 19:02| Comment(1) | TrackBack(0) | はじめに読んでね。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。